HEIG耐震金物工法

image_2_1-1

 

昔の大工さんは「金物を使わずに家を造る」ことを自慢していたそうですが、構造力学から言うと、それは正しくありません。従来の木材のつなぎ部分は大きな穴をあけるため、木材そのものが細くなり、弱くなってしまいます。
イシンホームでは、材料と材料との接合部に用いる専用の金物「HEIG金物」を使用。
特殊な耐震専用金物を開発し、接合部分にふんだんに使うことで断面欠損を少なくします。

また柱、梁、パネルなどの部材の連結を強固にし、どんな揺れにも対応。太い筋交をオリジナルのHEIG金物でしっかり固定し、横の圧力やねじれにも対抗するしているため、優れた耐震性を確立しています。

 

 

面の強度が強い家にする。

また、家の構造ですが、多面体で耐力を高めた家は非常に強くなります。
地震はゆれ戻しがあるので、従来の筋交いで固めた家より強くなります。この原理を使って、床を合板で一体に固めた家は強くなります。イシン・HEIG構造の家の設計の特徴です。数々の実験もしています。
また、BOX型の家の屋根面を強化すれば、6面体の高強度な家に自然になります。

 

image_2_3

従来の木材のつなぎ部分の加工方法は、大きな穴をあけるため、木材そのものが細くなり弱くなってしまいます。

 

image_2_4

つなぎ部分は専用の金物を使用。断面欠損が少なく在来工法よりも耐震性に優れています。イシンホーム住宅研究会では、プレカット工場の加工体制が整った所から順次採用していきます。

 

世界一の標準装備

イシンホームのサイトで詳しく見る